子どもゆめ基金 令和5年度 子どもゆめ基金助成金
(申請期限:2023年6月27日)

子どもゆめ基金は国と民間が協力して子どもの体験・読書活動などを応援し、子どもの健全育成の手助けをする基金です。
申請期限2023年6月27日
対象地域全国
対象団体次に該当する団体で、当該団体が自ら主催し、子どもの健全な育成を目的に子どもの体験活動や読書活動の振興に取り組む団体が助成の対象となります。
1.公益社団法人、公益財団法人又は一般社団法人、一般財団法人
2.特定非営利活動法人
3.上記(1)(2)以外の法人格を有する団体(次に掲げる団体を除く)
 1.国又は地方公共団体
 2.法律により直接に設立された法人
 3.特別の法律により特別の設立行為をもって設立された法人
4.法人格を有しないが、活動を実施するための体制が整っていると認められる団体
対象活動活動種類4種類
1.子供を対象とする活動
2.経済的に困難な状況にある子どもを対象とする活動
3.フォーラム等普及活動
4.指導者養成

活動分野7つ
1.自然体験活動
子どもたちが自然に触れ親しむ活動を通じて、自然への理解や興味関心を深めること
・豊かな自然を活用した屋外活動
・フィールドワークを活用した環境教育活動
・身近な自然を生かした探究活動 等
2.科学体験活動
子どもたちが理科や科学に触れ親しむ活動を通じて、科学等への理解や興味関心を深めること
・科学実験・観察実習活動
・ものづくり体験や自然科学ワークショップ 等
3.交流を目的とする活動
子どもたちが異年齢や異世代の交流、地域間の意図的・計画的な交流等を通じて、互いの理解を深めること
・異世代や異年齢の方との交流体験や学びあい体験
・特色が異なる地域間交流
・集団活動を通した意図的な子ども同士の交流体験 等
4.社会奉仕体験活動
子どもたちが社会に積極的にかかわる活動を通じて、思いやりの心や豊かな人間性・社会性を育むこと
・地域の魅力を生かした地域おこしにつながる社会活動
・地域の公共施設や河川・海岸等の清掃 等
5.職場体験活動
子どもたちが職業を体験することを通じて、働く意義や目的を探求すること、望ましい勤労観・職業観を育むこと
・地域の事業所や商店等での職業体験
・地域産業を生かした加工・製造体験
・地域の第一次産業(農林水産業等)を営む方の指導を得ながらの職業体験活動 等
6.総合・その他の体験活動
意図的・計画的に組み合わせた総合的な体験活動を通じて、子どもたちの総合的な力を育むこと
・複数の活動分野を意図的・計画的に組み合わせた総合的な体験活動及びその他の体験活動 等
7.読書活動
子どもたちが本に親しむ活動を通じて、自主的に読書活動に取り組む意欲を育むこと
・発達段階に合わせた本を使った読み聞かせ会や読書会
・ワークショップ等を通じて本に親しみ楽しむ活動 等

※不採択となった活動例については募集要項をご参照ください。
(https://yumekikin.niye.go.jp/files/items/5937/File/R5_3_Boshuyoukou.pdf#page=5)
助成金額・全国規模 24都道府県以上で募集 600万円
・都道府県規模 全国規模以外で、都道府県下全域または、都道府県を越えて募集 200万円
・市区町村規模 上記以外で、市区町村単位または、複数の市区町村にて募集 100万円
問合わせ先子どもゆめ基金
MAIL
URLhttps://yumekikin.niye.go.jp/download/boshu_koufu.html